お袋の味!懐かしの家庭料理

パスタ、小麦粉、豆腐、米、麺類、味噌などの基本的な食材を常備しておけば、健康的でおいしい料理を日替わりで作ることはできますよね。お米は、ほとんどの家庭の主食であり、多くの和食のレシピに使用されます。ここでは、みんなに人気でとても簡単に作れる「焼きおにぎり」を少しご紹介します。焼きおにぎりのオリジナルの作り方は、ただおにぎりを炭火で焼くだけです。炭火がないお家では、おにぎりを鉄プライパンで焼くこともできます。少し珍しい作り方にはなりますが、焼きおにぎりにさまざまな具材を入れてもOK。濃い黄色でカリッとしたおにぎりに味噌や醤油をかけると、より風味が出てとっても美味しくなりますよ。

麺類を使った和食としては、「味噌煮込みうどん」もおすすめ。たくさんの栄養素が豊富に含まれているので、食べた後に何時間も空腹を感じることはなく、満腹感もグッド。作り方は、うどん、魚、鶏肉、卵、豆腐などの食材を出汁に入れます。スープには野菜を入れても◎。ベジタリアンの方には昆布だしをお勧めします。もしくは昆布とカツオの合わせだしも良いでしょう。きのこなどの山菜を入れると、さらにおいしくなります。

「鮭の味噌漬け」は、おいしくてヘルシーで簡単に作れる料理のひとつです。漬け込んだ鮭の切り身と白ご飯さえあれば、すぐに作れます。30分もあれば完成するので、レストランで注文するよりもずっと手早いですし、お家で簡単に鮭の味噌漬けが作れるなら、出前を頼んで届くまで待って高いお金を払う必要なんてありません。

和食ではありませんが、サラダは、軽くてヘルシーな食事の代表であり、誰もが毎日の食生活に取り入れるべきものです。ちょっとしたコツをつかめば、和風の蕎麦サラダが10分でできてしまうのですから、すごいですよね。蕎麦サラダの材料は、お好みで選べますが、ここで紹介するのは定番の玉ねぎ蕎麦サラダ。胡麻やコリアンダーと和えて召し上がれ。蕎麦にハニーソースをかけても◎。ぜひ試してみてください。